ムダ毛に悩む子供

うちの子供は小さいころから毛深くて、学校でいじめられていたようで悩んでいたので、抑毛ローションというのを買って使わせました。

 

でも、あまり効果を感じられなかったようで、腕や脚を剃ってあげたりもしていましたが、肌荒れになるんですよね。。

 

脱毛したい子供

 

そんなある日、新聞のチラシに「キッズ脱毛」というのを見つけのです。なんと子供専用の脱毛サロンのチラシでした。

 

正直ビックリしましたが、今は小学生でも脱毛する時代のようですね・・・。チラシを見て子供にかなりせがまれました。

 

私は30後半になりますが、20代の頃はいつか脱毛したいと思いつつも特別な必要に迫られることがなく時間が過ぎてしまいました。

 

でもムダ毛処理って面倒だから、やらなくて済むのは嬉しいし、これを機会に子供と一緒に脱毛サロンに通おうかなと思ったのです。

 

チラシのサロンは子供専用みたいだったし、どうせ脱毛するなら大手脱毛サロンのほうが安心だと思い調べてみたのですね。

 

脱毛専門サロンでも子供を受け入れている所は少ないようですが、子供脱毛コースのある脱毛サロンもありました。

 

子供に脱毛させるのはやっぱり心配なので、子供用のプランをきちんと用意しているサロンがいいと思い決めました。

 

基本的な脱毛の方法って、光を当てて黒い毛を焼くような方法で、今まではとても痛かったみたいですね。

 

それに、子供の毛や産毛のような薄い色の毛は脱毛が難しかったみたいです。

 

でも最近は新しい脱毛の方法も出てきて、産毛や金髪の脱毛でできるようになり、ほとんど痛みもなく子供も大丈夫みたいです。

 

サロンの紹介

ディオーネ

ディオーネの脱毛はハイパースキン脱毛という方法で、大人でも痛くなくて肌ダメージのない新しい脱毛方式です。

 

これまでの脱毛は、生えている毛の毛根を焼く方法だったみたいですが、この方法は毛が生える前の「毛の種」にダメ―ジを与えて毛が生えないようにする方式なんですね。

 

だからハイパースキン脱毛は子供の脱毛にピッタリというワケなんです。なんと3歳からの子供脱毛コースがあるんです!

 

 

こちらのコースでは、腕や膝・膝下が人気となっていて、小学3年生までなら、キッズ脱毛キャンペーンをやっているときもありますよ。

 

この「子供脱毛」は好きな部位の体験脱毛が付いていて、なんとママも脱毛を体験できるから痛みなどが分かって安心ですよ♪

 

公式サイトはこちら

 

エピレ

エピレはエステティックTBCがプロデュースする脱毛専門サロンです。テレビでお馴染みのクォーターモデルさんが宣伝しているので有名ですよね。

 

こちらにも「キッズ脱毛」というコースがあり、7歳から脱毛が可能です。

 

「19部位から選べる2ヶ所脱毛プラン」と「両ワキ脱毛6回プラン」は、はじめての方限定価格のファーストプランで脱毛を始めることができます。

 

18部位から選べる脱毛

 

エステティックTBCの脱毛実績を元に、エピレが開発した肌にやさしく安全なオリジナル脱毛マシンを使って、成長途中の子供の肌にも安心のムダ毛脱毛コースです。

 

エピレの脱毛は黒い色に反応する光を照射する脱毛で、ワキなどにムダ毛が生えてくる12歳〜13歳の子供に人気となっています。

 

公式サイトはこちら

子供が脱毛したい理由

最近では子供専用の脱毛サロンもできるなど、小学生の子供が脱毛するのがごく普通となってきました。

 

脱毛したい子供

ではどのような理由で子供は脱毛をしたがりるのでしょうか?それには大きく分けて2つの理由があると思います。

 

ひとつは、もともと毛深い体質で腕や膝小僧の産毛が濃く、学校でいじめられたりしたときです。

 

そしてもうひとつは、小学生高学年や中学生になってワキのムダ毛が生えてきたときです。

 

前者の場合は、比較的細く薄い毛なので脱毛方法としてはハイパースキン脱毛が合っているのでディオーネがおすすめです。

 

後者の場合は、大人と同じように太く濃い毛なので、ディオーネだけでなくエピレもおすすめですよ。

 

子供の脱毛について考える<コラム>

年頃の子供のいる親御さんに子供の脱毛について聞いてみました。

小学生ぐらいの子供のムダ毛処理について

最近の小学生は、昔と比べると体格がとても良くなっていて小学校高学年になってくると一見中高生に見える子供もたくさんいます。そのためにムダ毛が生える時期もとても早まってきているようです。

 

小学校4年生ぐらいから脇のムダ毛やスネのムダ毛がどんどん濃く伸びてくるようになるので、やはり女の子でしたらとても恥ずかしくて悩み始めることが多くなっているようです。ムダ毛も低年齢化しているのだということを強く実感しています。

 

そんな中で、小学生の女子で脱毛サロンに通い始める子供が増加しているというニュースを目にしました。自宅でカミソリでムダ毛を剃るという面倒さから考えると脱毛サロンで全身気になる部分を、きれいさっぱり脱毛してもらってツルツルのお肌になるのは確かに魅力的なことだと思います。

 

しかもお年玉などでたくさん預貯金をしている子供も珍しくないので、お小遣いとあわせたり、親からお金を出してもらったりして脱毛サロンの費用を支払っているというのですから、大人顔負けです。

 

しかし、小学生という小さな子供だからこそ、ムダ毛が生えているとからかいの原因やいじめの原因になることを考えると脱毛サロンでの全身脱毛も決して悪いことではないと思うのです。

 

小さくても女性なのですから、こういったムダ毛のお手入れに関心を持つことは身だしなみの一貫として、むしろとても良いことなのかもしれません。これからは、さらに脱毛サロン通いの年齢層が広がって行くことは想像に難くありません。

 

子供だって持っている無駄毛の悩みは脱毛で解決してもいい

子供の脱毛については賛否両論あるかもしれませんが、私は賛成派です。子供は子供らしく自然なままがいいという考えがあるかもしれませんが、子供の側からしたら都合のいい大人の解釈で語らないでほしいと思うのではないでしょうか。

 

私が子供の頃ですが、祖母が私の鼻の下の産毛が濃い、という理由で剃るようになってから、その部分だけ青く見えるようになってしまったんです。剃ったせいで産毛がだんだんと髭のようになってしまい、男子の中にはからかってくる者までいて非常に嫌でした。

 

自然のままにしておけばあのように髭のように濃くはならなかったかもしれません。ただ、自分がこの部分の産毛が嫌だ、と思っていたのも事実で、正しいやり方としては永久脱毛だったのではないかと今でも思います。

 

同じように、腕や足の毛というのも、小さなうちは気になりませんが、小学校高学年あたりになると女の子なら誰でも気にするようになります。夏になると嫌でも手足は人の目に触れますし、大人であれば自分でせっせと処理して無駄毛のないツルツルの肌にできますが、子供はどうすることもできません。

 

男の子のように濃い無駄毛に悩む子は必ずいるはずです。そういう子にまで、自然のままが一番いいといって脱毛を却下したら、どんどん内向的でネガティブな発想をする子供になってしまうかもしれないと思うのです。

 

ですから、子供でも大人でも安全な方法であればクリニックなどに通って脱毛するということが一般的な考え方になればいいと考えます。

 

子供がムダ毛で悩むようなら脱毛処理はやむを得ない

最近は社会全体がどちらかといえば過敏になってきていて、いってみれば神経質過ぎます。ただ、もうそれが時代の流れと割り切ることも必要で、それは子供に対するケアにおいても例外ではありません。

 

女の子の子供が成長にするにつれて悩むのは、ムダ毛のことです。この悩みはとてもデリケートですからぞんざいに扱うことなく親子で一緒に向き合っていかなければなりませんし、ムダ毛のことでいじめにでもあったらかわいそうです。

 

昔なら「そんなの気にするんじゃないよ」の一言で済ませられたのかもしれませんが、現代ではそういうわけにもいきません。ですので、子供が脱毛を行うことにおいても、真っ向から否定することはできないです。

 

子供が脱毛してムダ毛のない体になれば、ムダ毛について周りの友だちから指摘されることはなくなります。もともと指摘されなかったり、周りの理解があっていじめにつながらなければ脱毛はしなくても良いのでしょうし、本人が笑ってやり過ごせるようなら特に気にはしないです。

 

ですが、本人が気にして悩むようならそれは親が救いの手を何かしら差し伸べなければいけないわけで、そのあたりは親子でコミュニケーションを密にして対応することが大事です。

 

ムダ毛に関しては体質なので気になるなら処理するしかないので、それに子供が悩んでいるようなら親は一緒に解決する道を目指すべきです。

 

そうしてムダ毛のことに対して真正面から真摯に接すれば子供も親を信頼してくれますので、そこは理解してあげたいです。